こがねや石材の保立です。

本日7月7日は七夕です。

七夕の話として彦星と織姫の伝説は有名ですが、七夕飾りの由来は平安時代、宮廷の女性たちが針仕事の上達を願い、針に5色の美しい糸を通して7月7日の夜に7本ずつひさぎの葉に刺して神様に捧げた事とされているようです。

この七夕は元来、「物事が上達するようにお祈りする」ということが由来でした。このお祈りが由来して、自分の願い事を短冊に書いて飾る、という習慣が根付いたようですです。ちなみに昔は、高価な布にお祈りごとを書いていました。

多磨霊園の管理事務所前にも笹のが飾られ多くの方が短冊にお祈りごとを書かれていました。こちらはご先祖さまへのメッセージが多いようです。

本日は生憎の天気ですので天の川を東京から見ることは叶わなそうですね。

こがねや石材の鈴木です。

暑中お見舞い申し上げます❗

梅雨明けから暑い日が続き、その後は☔☔☔…

今日は曇り予報が少し外れて久しぶりにお日様が顔を出しました。

川崎市麻生区にあります『川崎清風霊園』季節の草花がイキイキしていました。

ローズマリー、タイム、フェンネル、セイジ等々ハーブ🌿が沢山可愛らしく咲いています❗️

『川崎清風霊園』は開園五周年を迎え、1200件のご成約をいただいている人気の霊園です❗️

栗平駅から歩ける稀少な霊園です。

新百合ヶ丘駅、柿生駅、若葉台駅、栗平駅迄の無料送迎もあります。

墓石を含んで100万円をきる99.96万円でご紹介出来る区画が残り僅かです❗️

是非早めにご見学ください!

受付で「こがねや石材」とご指名ください!

担当の鈴木、塚田がご案内致します❗️