こがねや石材の金丸です。

暖かな陽気が続いていますね。本日もかたくりの里で知られる多摩川台墓苑からです。見頃を迎えております。

真言宗智山派 大蔵院の本堂裏にある小路を進んで行くと右側にかたくりの花と出会う事が出来ます。お時間に余裕がある方は是非一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

https://www.koganeya-148.com/info/tokyo/tamagawa.html

※ことば検定3/15の答えと解説です。

漢字編問題6もっと知ろう!3の答え→B魔 「魔が差す」は、悪魔が心に入り込んだように、出来心を起こすこと。一瞬の間の心の揺らぎだからといって、「間が差す」としないよう注意してください。

語彙編問題39の答え→B平べったい 室町時代から江戸時代にかけて明の「永楽通宝」が流通していましたが、日本国内では流通量が少なく、民間で勝手に貨幣を造る者もいました。しかしそれらは質が悪く、本物に比べ薄いものが多かったのです。そこで、「平べったい」の「べた」が訛り、「びたせん」と呼ばれるようになりました。「びたせん」は価値も低かったのですが、それすら出したくないということで「びた一文出せない」などの表現が生まれました。Cの「苦み」は、「びた」ではなく「ビター(bitter)」でした(笑)。

※第1章 間違えやすい漢字

◽問題6もっと知ろう!カタカナの部分の正しい漢字は何でしょうか?A〜Cから選んでください。

4 若いとはいえ、コウセイおそるべしだ

A後生 B後世 C後正

※第1章 面白い由来や語源をもつ言葉

◽問題40 勝負ごとで、わざと負けることを「八百長」と言いますが、何に由来する言葉でしょうか?

Aやおよろずの神 B江戸八百八町 C八百屋さん

お答えは、次回お楽しみにお待ちくださいませ。

0