ぼた餅とおはぎ

こがねや石材の保立です。 お彼岸のお中日はあいにくの雪でしたが、今週末はポカポカしたお墓参り日和となりそうです。 当店では3月25日(日)まで、ぼた餅やお団子・お赤飯を店頭販売しております。JR武蔵小金井駅の駅前にある亀屋さんの工場から直接搬入された美味しい和菓子です。お墓参りのお供に是非お買い求めください。 さて、春のお彼岸・秋のお彼岸にお供えしたり食べたりする「おはぎ」ですが正確には違うのをご存知でしょうか? ・春のお彼岸は「ぼたもち」 ・秋のお彼岸は「おはぎ」 こちらが正しいお供えものです。材料も見た目も味もほとんど変わりはありませんが、つぶあんかこしあんかの違いです。 主原料の小豆ですが、春に種をまき秋に収穫する。秋の小豆は新鮮で皮も柔らかいためつぶあんとして食べ、春のお彼岸まで保存された小豆は皮が硬くなるため皮を取り除きこしあんとしたと言われています。 また、ぼた餅は「牡丹餅」、おはぎは「御萩」とそれぞれ季節の花から名付けられています。 諸説ありますが、当店では和菓子をご用意し皆様のご来店をお待ちしております。

最近の投稿

ご相談・お見積もり・ご見学などお気軽にご連絡ください。