六波羅蜜菩薩【天龍寺】

こがねや石材の保立です。 先日、八王子の北野にある天龍寺さんにご納骨でお邪魔しました。 天龍寺は真言宗智山派のお寺で、京王線の北野駅に近く、多摩四国八十八ヶ所第八十二番札所となります。 以前に「石仏」のお話をしましたが、天龍寺さんには6体の菩薩があります。 菩薩の台座にはそれぞれ「布施(ふせ)」「持戒(じかい)」「忍辱(にんにく)」「精進(しょうじん)」「禅定(ぜんじょう)」「智慧(ちえ)」と刻字されています。 六波羅蜜とは「迷いの此岸から悟りの彼岸へわたる」という意味で、これら6つの言葉は、此岸から彼岸へ渡り、さとりを完成させるための六つの修行を表しています。 これら六つの言葉はいずれも特別な事ではなく、生活の一部に取り込める仏教の教えです。お時間があるときにでも、仏教の教えについてゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。 当店ではこのような石仏の製作・販売も行っております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。      

最近の投稿

ご相談・お見積もり・ご見学などお気軽にご連絡ください。