こがねや石材上川霊園担当の佐藤です。

4月8日はお釈迦様の誕生日です。

上川霊園内にある浄仙寺では例年この日に釈迦降誕会法要(花まつり)を行なっております。休憩所では甘茶も振る舞っております。その頃には園内の桜も満開を迎えるかと思いますので足を運んでみてはいかがですか?

こがねや石材の土井です。

寺ヨガがスタートして一年が経ちました。

私も前回初めて寺ヨガを体験しましたが、終わった時の全身のスッキリ感は何とも言えない心地良さです。そのうえ、お寺の本堂での厳粛な雰囲気に包まれてのヨガは心身ともにリフレッシュできますよ!

是非沢山の方々に参加して頂きたいと思います。

次回は4月22日に開催いたします。

詳細は弊社までお問い合わせください。

こがねや石材の難波です。
昨日、都立多磨霊園に素敵なお墓が出来上がりました。
お施主様がボクの提案を聞き入れてくださり、会心の出来です。
外柵(周囲)・石碑共に南アフリカ産の同じミカゲ石での建立ですが、中央の墓石を目立たせるために石碑は本磨き、外柵・墓誌は水磨き(ツヤ消し)に加工してあります。
前々から、こんなお墓造ってみたかったんですよ。
彫刻の家名(隷書)も大きさ位置共に、バランスよく上品に仕上がっています。

 

こがねや石材の保立です。

三月に入り、春らしい暖かな陽気の日もありましたが、昨日から続く雨で冬のような寒さに戻っている多磨霊園です。

さて、お彼岸期間中の開門時間につきお知らせです。毎年お彼岸の時期は開門時間が延長されますが、一方で周辺道路は大変混みあいます。 時間に余裕をもってお出かけ頂くか公共交通機関をご利用頂きお越しください。

今年も多くのお花を用意し皆様のご来店お待ちしております。 恒例の和菓子販売も行います。

・彼岸入り:3月18日(月) ・お中日:3月21日(木)春分の日 ・彼岸明け:3月24日(日)

●対象期間
正門・小金井門・バス通り: 3月16日~3月24日
東門・北門・西門:     3月16日~3月24日

●開門時間
○正門・小金井門
6:30~19:00
○バス通り
6:30~18:30
(臨時バス通りについては6:30~19:00)
○東門・北門・西門
9:00~17:00

現在、多磨霊園では梅の花が満開です。桜はまだまだですがお越しの際には梅見もお楽しみください。

【18区にある梅の木で2羽のメジロが戯れていました 3/2撮影】

こがねや石材の保立です。

昨日は当社の社長をはじめスタッフ4人で高尾山薬王院 節分会のお手伝いに行ってまいりました。当社の担当はケーブル山頂駅から薬王院までゲストをお連れする車両の運行です。

当日は天気もよく気温も暖かく、しかも日曜日であったこともあり沢山の方が参拝にみえられました。多くの方がいらっしゃる参道を運転するのは、かなり神経を使いましたが、何事もなく終わり安心しました。

 

 

 

 

豆まきに参加された方々と高尾山執事長、ゲストの方々の記念撮影です。俳優の西村雅彦さんや初場所初優勝の玉鷲関、午後には北島ファミリーの方々がいらっしゃっています。

また昨日早朝の高尾山からは朝日を浴びキラキラと光る相模湾まで望むことができました。

こがねや石材の保立です。

昨日はお付き合いのあるお寺さん2ヶ寺と一緒に千葉県市川市にある「法華経寺」にお邪魔してまいりました。大荒行をされている僧侶との面会とご祈祷が目的です。

大荒行は11月1日から2月10日までの100日間行われ、荒行僧は2時起床、3時から23時までの間に一日7回の水行、その間には読経や写経が行われるというかなりハードなものです。昨日の時点ではすでに荒行の後半ですので荒行僧達は頬がこけ、ヒゲは伸び放題、声は枯れてガラガラの状態です。そのような中での面会ですので、私たちは菌を持ち込まないようマスク着用でお堂に入ります。世界三大荒行と言われるのも分かりますね。こんな寒い時期、しかも真夜中に寒水を浴びると想像するだけで鳥肌が立ちます。

こがねや石材の保立です。

早いもので2018年(平成30年)も残すところあと数時間となりました。お正月にお墓参りに来られる方は意外に多く、店舗では女性陣が明日に販売する生花作りで大忙しです。

当社は元日も休まず営業しております。 多磨霊園にお越しの際は是非ともお立ち寄り頂き、お正月用に松や千両の入った墓前花をご覧ください。またお墓参りの後には当社で温まってからお帰りください。

皆様のご来店お待ちしております。

今年は営業チームから出たアイデアをもとに隣接する和光寺の本堂で「寺ヨガ」を始めてみました。徐々に新しい方にもご参加いただき、ご近所で好評いただいております。来年も定期的に行いますのでご興味のある方は是非ご参加ください。

↓ 当社のInstagramより

こがねや石材の保立です。

早いもので2018年/平成30年もあと数日となりました。来年は平成最後の年。平成最後の大晦日とお正月です。                                     当店は正月三が日も休みなく営業しております。

今年もお正月に向け、墓前のお花に松や千両・ピンポン菊・葉牡丹などのお正月らしい花を加えたアレンジを行っています。お墓参りの際、ご先祖様にもお正月気分を感じて頂けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

多磨霊園にお墓参りの際は是非当社にお立ち寄り頂き、お花を見て行っください。

こがねや石材の保立です。

今年の4月から始まった和光寺本堂での寺ヨガ。早いもので8回目となり今回が今年最後の開催となりました。

参加頂いた皆さまからは「リフレッシュできる」「この空間でヨガは贅沢ね」「気持ちがスッキリする」など嬉しい感想を頂いています。

来年2019年も2月から再開する予定です。 ご興味のある方は是非当社までお問い合わせください。

こがねや石材の保立です。

今年も残すところあと1か月。師走という言葉の通り、お陰様で忙しい年末になりそうです。

12月最初のお仕事は歌碑の移設工事です。元々は多磨霊園の墓所内に建立されていた歌碑をご自宅へ移す依頼です。ご依頼主のお父様が著名な作家だった為、そのお父様の歌碑となります。

事前にご自宅にお邪魔し、設置場所となるお庭の土質やご自宅前の道路幅などを調べ、いざ当日。侵入方向によってトラックが切り返せなかったりとアクシデントはありましたが無事に据付が完了致しました。

 

 

 

この歌碑は台石がすり鉢状に加工されており、ピタリとはまる為接合部分に目地をする必要がありません。台石も「小叩き」の細工が施されており職人の技が光る逸品です。

当社ではお墓以外の石造物も多く取り扱っております。ご興味のある方は何なりとお問い合わせください。