こがねや石材の保立です。

昨日は当社の社長をはじめスタッフ4人で高尾山薬王院 節分会のお手伝いに行ってまいりました。当社の担当はケーブル山頂駅から薬王院までゲストをお連れする車両の運行です。

当日は天気もよく気温も暖かく、しかも日曜日であったこともあり沢山の方が参拝にみえられました。多くの方がいらっしゃる参道を運転するのは、かなり神経を使いましたが、何事もなく終わり安心しました。

 

 

 

 

豆まきに参加された方々と高尾山執事長、ゲストの方々の記念撮影です。俳優の西村雅彦さんや初場所初優勝の玉鷲関、午後には北島ファミリーの方々がいらっしゃっています。

また昨日早朝の高尾山からは朝日を浴びキラキラと光る相模湾まで望むことができました。

こがねや石材の保立です。

昨日はお付き合いのあるお寺さん2ヶ寺と一緒に千葉県市川市にある「法華経寺」にお邪魔してまいりました。大荒行をされている僧侶との面会とご祈祷が目的です。

大荒行は11月1日から2月10日までの100日間行われ、荒行僧は2時起床、3時から23時までの間に一日7回の水行、その間には読経や写経が行われるというかなりハードなものです。昨日の時点ではすでに荒行の後半ですので荒行僧達は頬がこけ、ヒゲは伸び放題、声は枯れてガラガラの状態です。そのような中での面会ですので、私たちは菌を持ち込まないようマスク着用でお堂に入ります。世界三大荒行と言われるのも分かりますね。こんな寒い時期、しかも真夜中に寒水を浴びると想像するだけで鳥肌が立ちます。

こがねや石材の保立です。

早いもので2018年(平成30年)も残すところあと数時間となりました。お正月にお墓参りに来られる方は意外に多く、店舗では女性陣が明日に販売する生花作りで大忙しです。

当社は元日も休まず営業しております。 多磨霊園にお越しの際は是非ともお立ち寄り頂き、お正月用に松や千両の入った墓前花をご覧ください。またお墓参りの後には当社で温まってからお帰りください。

皆様のご来店お待ちしております。

今年は営業チームから出たアイデアをもとに隣接する和光寺の本堂で「寺ヨガ」を始めてみました。徐々に新しい方にもご参加いただき、ご近所で好評いただいております。来年も定期的に行いますのでご興味のある方は是非ご参加ください。

↓ 当社のInstagramより

こがねや石材の保立です。

早いもので2018年/平成30年もあと数日となりました。来年は平成最後の年。平成最後の大晦日とお正月です。                                     当店は正月三が日も休みなく営業しております。

今年もお正月に向け、墓前のお花に松や千両・ピンポン菊・葉牡丹などのお正月らしい花を加えたアレンジを行っています。お墓参りの際、ご先祖様にもお正月気分を感じて頂けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

多磨霊園にお墓参りの際は是非当社にお立ち寄り頂き、お花を見て行っください。

こがねや石材の保立です。

今年の4月から始まった和光寺本堂での寺ヨガ。早いもので8回目となり今回が今年最後の開催となりました。

参加頂いた皆さまからは「リフレッシュできる」「この空間でヨガは贅沢ね」「気持ちがスッキリする」など嬉しい感想を頂いています。

来年2019年も2月から再開する予定です。 ご興味のある方は是非当社までお問い合わせください。

こがねや石材の保立です。

今年も残すところあと1か月。師走という言葉の通り、お陰様で忙しい年末になりそうです。

12月最初のお仕事は歌碑の移設工事です。元々は多磨霊園の墓所内に建立されていた歌碑をご自宅へ移す依頼です。ご依頼主のお父様が著名な作家だった為、そのお父様の歌碑となります。

事前にご自宅にお邪魔し、設置場所となるお庭の土質やご自宅前の道路幅などを調べ、いざ当日。侵入方向によってトラックが切り返せなかったりとアクシデントはありましたが無事に据付が完了致しました。

 

 

 

この歌碑は台石がすり鉢状に加工されており、ピタリとはまる為接合部分に目地をする必要がありません。台石も「小叩き」の細工が施されており職人の技が光る逸品です。

当社ではお墓以外の石造物も多く取り扱っております。ご興味のある方は何なりとお問い合わせください。

こがねや石材の保立です。

台湾高雄から車で1時間半ほどの山あいにある青龍山不動寺。この度新本堂の落慶法要が行われ、その落慶法要に高尾山薬王院の僧侶と薬王院で修行された僧侶が参列するので同行させて頂きました。

多くの信者さんも集まり賑々しく法要が行われました。

青龍山不動寺のFacebookでも多くの写真が掲載されております。

https://www.facebook.com/FDJTW/

 

 

 

 

 

こちら↓は宿泊したホテルの近くにある美麗島駅。 世界で2番目に美しい駅と言われています。

こがねや石材 見上です

11月8日、こがねや石材企画第8回(お護摩体験と精進料理を味わう会)ご参加の方38名 当社職員6名で高尾山薬王院に行ってきました

お天気は心配されましたが、例年になく暖かで、最高の日和でした。

高尾山法務部 佐藤秀仁僧侶のご案内で山内をめぐりました。

内容のある説明と、普段はお参りできない、仏舎利塔も御開帳頂き参拝する事ができました。

皆さまには精進料理も含め、とてもご満足頂きました

また来年も多くのご参加を頂ければと思います。

こがねや石材の保立です。

今回は、川崎市にある浄土宗のお寺「正受院」さんのお十夜にお邪魔して参りました。

お十夜は、正しくは「十夜法要」や「十夜会」などと呼ばれる念仏会のことです。「煩悩や誘惑の絶えないこの娑婆世界で十日十夜の善行を積むことは、仏様の国で千年の善行を修めるよりも優れている」と説かれたことに由来しています。

十夜法要にまつわる風習のひとつに、十夜米というものがあります。秋はお米の刈り入れ季節。十夜米は仏様にお供えする収穫したばかりの新米をいいます。地域によってはそれをお粥にして参詣者に振舞うこともあり十夜粥と呼ばれます。

一説には具材と共に炊いたお粥の事を「おじや」と呼ぶのは「じゅうや(十夜)」に出されるお粥に由来しているともいわれます。

こがねや石材の中島です。
7回目のストレッチヨガが終了しました。終えた瞬間、血流やリンパの流れが頭の天辺から足のつま先までスゥ~っと抜けるような心地よさは格別でしたぁ(*⌒∇⌒*)早いもので今年最後の開催11月30日となります。まだ若干名参加可能ですのでお気軽にご参加お待ち申し上げております。