HOME > お役立ち情報 > 墓地選びのポイント

お役立ち情報 USEFUL

お盆・お彼岸・お墓参り

お盆(盂蘭盆会うらぼんえ

ご先祖の霊が家族のもとに帰ってきて過ごす4日間
お盆の期間(地域によって異なります)
7月盆:7月13日~16日
8月盆:8月13日~16日

○お盆の準備

盆棚(精霊棚しょうりょうだな)を前日の12日・13日の午前中まで準備します。

◇ 机やテーブルに真菰まこもを敷きます。

・位牌・仏壇用具
・花・ホウズキ・季節の野菜・果物・お菓子・故人の好物
・きゅうりの馬と茄子の牛を作ります。

○お盆の入りとお盆中

◇ お盆の最初の日(お盆入り・迎え盆)

・午前中に家族揃ってお墓参りに行き、お墓を掃除して花や果物などをお供えします。
・夕方には、家の門口や玄関で、おがら(麻の茎を乾燥したもの)で迎え、 火をたき先祖を迎えます。
・朝・昼・晩と日に3回、精霊棚に食事を供えます。

○お盆明け

お盆の最後の日「お盆明け」「送り盆」
馬に乗り家にお迎えたご先祖を、牛でゆっくりとあの世に戻るように送り火をたきます。

新盆にいぼん初盆あらぼん

故人の49日の忌明け後、初めて迎えるお盆をいいます。
49日の忌明け前にお盆を迎えたときは、翌年が新盆となります。

お彼岸(彼岸会ひがんえ

春彼岸:春分の日を「中日」として前後3日(7日間)
秋彼岸:秋分の日を「中日」として前後3日(7日間)

○初日を彼岸入り、最終の日を彼岸明けと呼びます。

なぜこの日なのかと言うと、春分・秋分の日は昼と夜の長さが
ほぼ同じで、太陽が真東から昇り真西へ沈む日だからです。
仏教による「極楽浄土は西にある」という教えにより、太陽が
最も西に沈む春分・秋分の日は、一年の中でこの世(此岸)と
あの世(彼岸)が最も近くなる日とされ、このため先祖供養を
行うのによいとされてきました。

お彼岸に行う供養

○彼岸入りまでに、仏壇を掃除して、花や供物・お線香・お菓子などを
 供えます。
○春の「ぼた餅」・秋の「おはぎ」はお供え菓子として有名ですが、
 牡丹と萩と、それぞれ季節の花になぞらえて付けた名前と言われています。
○お彼岸の期間中は仏壇にお灯明・線香を絶やさないようにし、家族そろって
 お墓参りをします。

お墓参り

一般的には、正月・お盆・お彼岸・命日や年忌法要の日などにお墓参りを行います。
お墓参りは単に供養だけではなく、さまざまな人生の節目などに近況報告し、感謝する意味もあり、お参りを
する人にとっては精神的な心の拠り所でもあります。

お墓参り順序とマナー

○主に用意するもの

ぞうきん・たわし・剪定はさみ・軍手・花・榊・樒・菓子・果物等・マッチ・ろうそく等で使用するもの。

◇ お墓の掃除をする。
◇ お参りをする。
  水桶から水をすくい墓石にかけます。そのあと供物を供えます。
◇ 後片付けをする。
  火の始末をして、お供物等を持ち帰ります。

○気を付けましょう!

◇ 墓石にアルコール類をかけると化学変化を起こす場合があります。
  すぐに水でながすようにしましょう。
◇ アルミ缶など長く置くと缶のあとがついてしまう場合があります。
◇ スチール缶はサビが墓石にしみこむことがあります。

このページの先頭へ