こがねや石材の金丸です。

本日は、昨日迄の陽気とは打って変わって冬の気温になりましたね。本日も多摩川台墓苑に来ておりますが、灯油ストーブが手放せない状態です。しかしながら、桜が満開を迎えておりますので、気分はすっかり春です。やはり、日本の四季・桜は良いものですね。益々、温暖化が懸念されますね。

かたくりの花も見頃を迎えております。

※ことば検定3/22の答えと解説です。

漢字編問題6もっと知ろう!6の答え→A多分 「多分」は大多数。「ご多分にもれず」は、ほかの多くの場合と同じように、という意味になります。ちなみに「多聞」は見聞の広いことを表します。

語彙編問題42の答え→B比べる 「考える」は古くは「かむがふ」と書きました。「か」については諸説あり、「すみか」「ありか」など「場所」を表す「か」とする説や、「彼方」「彼の地」などある「もの」を指し表す説があります。一方、「むがふ」は「向こう」だとされ、「向き合う」という意味です。「かむがふ」は「場所」あるいは「もの」が向き合う、つまり「二つの事柄を向き合わせて比較検討する」ことで、そこから意味が広がり、「考える」に変わったようです。Cは「かんがえる」ではなく、100円でジュースの「かんかえる(缶買える)?」でした(笑)。

※第1章 間違えやすい漢字

◽問題7 若くして亡くなることを「そうせいと言いますが、正しい漢字はどれでしょうか?

A早逝 B早生 C早世

※第1章 面白い由来や語源をもつ言葉

◽問題43 「老舗」は何に由来する言葉でしょうか?

A偽物ではない B死なせない C真似をする

お答えは、次回お楽しみにお待ちくださいませ。

0