HOME > お役立ち情報 > 開眼供養・法要

お役立ち情報 USEFUL

開眼供養・法要

開眼供養(魂入れ)

お墓の石碑を建てたら、最初に開眼供養を行います。
開眼供養を行うことで、新しく建てた石碑に魂を迎い入れ墓石とします。

仏教では、お墓は建てただけでは単なる「もの」に過ぎません。
この儀式によって、石碑は故人を供養する墓石(石塔)となり、礼拝の対象となるのです。

生前にお墓を購入した場合は、先祖の眠る墓所の土を納めるのと合わせて行うのが好ましいとされています。

抜魂供養(魂抜き)

墓所を改葬するときや、墓所の改修工事の時に行います。
仏式であれば、僧侶に墓前で読経してもらうなど、抜魂供養(魂抜き)の宗教儀式をいます。

このページの先頭へ