HOME > お役立ち情報 > お墓の用語集

お役立ち情報 USEFUL

お墓の用語集

墓所使用許可証

都道府県知事や市区町村長及び墓地を運営する住職等の墓地管理者が発行する許可証で、墓所の永代使用権者であることの証明書となります。
通常、墓所工事やご納骨の際には墓地管理者よりこの許可証の提示を求められます。

お墓の用語集のトップへ戻る

火(埋)葬許可証

まず最初に市区町村長が火葬許可証として発行し、その後火葬場にてご遺体を荼毘に付された後、火葬執行の証明がなされた時点で埋葬許可証となります。
ご納骨の際には墓地管理者へこの許可証を提出しなければなりません。

お墓の用語集のトップへ戻る

改葬許可証

すでにご納骨済みのご遺骨を改たに別の墓所へ移すことを「改葬」といいますが、改葬に伴うご遺骨の引上げと、再納骨の両方で改葬許可証が必要となります。
この許可証の発行は改葬元の市区町村への改葬許可申請を行なっていただくこととなります。

お墓の用語集のトップへ戻る

改葬許可申請書

改葬許可申請を行なう際提出する書類で、この他に受入証明書と埋(収)蔵証明書の添付が必要となります。
なお、改葬許可申請書は各自治体で独自の書式の物を使用している場合が多く、事前に申請先の自治体へのお問合せをお勧めいたします。

お墓の用語集のトップへ戻る

受入証明書

改葬許可申請を行なう際、改葬先のお墓を所有していることの証明する書類で、墓地管理者によって発行されます。

お墓の用語集のトップへ戻る

埋蔵証明書

お墓にご遺骨が納められていることを証明する書類で、墓地管理者によって発行されます。

お墓の用語集のトップへ戻る

収蔵証明書

霊園や寺院の納骨堂にご遺骨が納められていることを証明する書類で、その納骨堂の管理者によって発行されます。

お墓の用語集のトップへ戻る

分骨証明書

1つのご遺骨を2つ以上に分けることを分骨といいます。
この分骨証明書はご遺骨の素性を証明するもので、墓地又は火葬場の管理者によって発行されます。
ご納骨の際には墓地管理者へこの証明書を提出しなければなりません。

お墓の用語集のトップへ戻る

公営霊園

都道府県または市区町村などの地方自治体が運営している墓地のことを公営霊園といいます。
公営霊園は宗教の制限がなく、墓所使用料も比較的抑えられているため多くの自治体で人気があります。

お墓の用語集のトップへ戻る

民間霊園

寺院または財団法人が運営している墓地で、ほとんどの民間霊園で宗教の制限はありません。
多様な墓所形態やデザインなど、明るいイメージを採り入れた現代風の墓地として人気があります。

お墓の用語集のトップへ戻る

寺院墓地

寺院の境内やその周辺にあり、その寺院の住職が墓地管理者となっています。
墓地使用者は全てお寺の檀家として何代にも亘って供養され、菩提寺を持つ安心感は多くの方に支持されています。

お墓の用語集のトップへ戻る

納骨堂

建物内にあるロッカー形式の収蔵施設で、主に寺院で多く見受けられます。
ご遺骨を一時的に預かるケースや、20年・30年と使用期間を定めた施設など様々ですが、墓所と違い建物の耐用年数との絡みもあり、心配な面もあります。

お墓の用語集のトップへ戻る

合葬(合祀)墓

大きな埋骨スペースに数多くのご遺骨を一緒に埋骨する施設で、多くは納骨堂に併設されています。
本来は無縁仏となったご遺骨をご供養するための施設でしたが、近年、地方自治体が用意した施設では遺骨の保管場所的要素も感じられます。

お墓の用語集のトップへ戻る

和型石碑

従来から見られる背の高いお墓のことで、竿石・上台・中台・芝台・花立・水鉢・香炉で構成されています。
地域を問わず、寺院墓地では今でも多くの和型石碑が建立されています。

お墓の用語集のトップへ戻る

洋型石碑

背が低く横長の石碑で、竿石・上台・芝台・花立・水鉢・香炉で構成されています。
民間霊園で建立される石碑の半数以上がこの洋型石碑で、花の彫刻が施される等、華やかなお墓を多く見受けます。

お墓の用語集のトップへ戻る

五輪塔

お墓の原型はこの五輪塔とされています。五輪塔本体は上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪で構成されており、これを古代インドでは宇宙の5大構成要素と考えていました。

お墓の用語集のトップへ戻る

卒塔婆

五輪塔の形を模した木製の板のことです。
仏教界では供養塔(五輪塔)を建てることが仏様のご供養になるとされておりますが、回忌法要ごとに五輪塔を建立するわけにもいかず、それを木製の板で簡略化したのがこの卒塔婆です。

お墓の用語集のトップへ戻る

竿石

通常、石碑の最も上に位置し、家名やお題目などを彫刻する部分です。

お墓の用語集のトップへ戻る

上台

竿石を支える台石を上台といいます。
和型石碑ではこの部分に家名や家紋を彫刻する場合もあります。

お墓の用語集のトップへ戻る

中台

ほとんどが和型石碑に見られる台石で、上台を支える台石を中台といいます。
狭い墓地では、中台の中身を空洞にして、そこから下の納骨室にご遺骨を納める形式のお墓もあります。

お墓の用語集のトップへ戻る

芝台

和型・洋型石碑を問わず、石碑の一番下の台石を芝台といいます。
芝台は上に花立や水鉢を置けるよう、手前を広くしてあります。

お墓の用語集のトップへ戻る

花立

石碑の正面手前に左右一対の形で花立を置きます。
花立には穴を開けてステンレス製の花筒を落とし込めるようにしてあります。
花立がミカゲ石製であれば、ネジ切式の古い花筒からの交換も可能です。

お墓の用語集のトップへ戻る

水鉢

花立の間にあり、お水をお供えする場所です。
正面に家紋の彫刻をしてある水鉢を多く見かけます。

お墓の用語集のトップへ戻る

香炉

お線香をお供えする場所で、形状はシンプルな物から経机型や宮型などの複雑な物まで様々です。
なお、神道の場合はローソクをお供えする八足、キリスト教では献花台を香炉の代わりに置く場合もあります。

お墓の用語集のトップへ戻る

墓誌

仏様のご戒名や俗名等を記録しておく板石で、黒ミカゲ石で作られるのが一般的です。

お墓の用語集のトップへ戻る

このページの先頭へ