HOME > お役立ち情報 > 寺院墓地、公営墓地、民営霊園の違いは?

お役立ち情報 USEFUL

寺院墓地、公営墓地、民営霊園の違いは?

●はじめに

「墓地や霊園はどこを利用しても大きな差はないのでは?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、運営・管理の主体によって、それぞれには異なった特色があります。国内では、寺院墓地・公営墓地・民営霊園の3種類があり、それぞれに違いがあります。
今回は各墓地・霊園を利用するメリットと、気をつけるべき点を確認していきましょう。

寺院墓地とは

寺院墓地の運営・管理者は?

寺院墓地は、その名の通りお寺などの宗教法人が運営と管理を行っています。

寺院墓地を利用するメリットとは?

お寺と密接な関係を築き、お寺の住職などと顔見知りになるため、管理者の顔が明確に見えるという点も魅力です。お墓も手厚く管理してくれるため安心して利用することができます。たとえば、ご家族がいらっしゃらない場合に「永代供養」を頼むケースでも信頼感があります。
また、多くの場合は寺院とお墓が近いため、法要を行う際も大変便利です。一か所で法要からお墓参りまでを行うことができます。

寺院墓地を利用する際に気をつけるべき点とは?

運営・管理する寺院の檀家にならなければ、墓地を利用できないケースもあるため注意が必要です。
檀家になった場合には、お寺の活動や行事に参加する必要が出てくる場合もあります。
また、お布施や寄付など、管理料や永代使用料の他に費用が発生することも考えられます。
なお、墓石のデザインが利用者の自由にはならないこともあるため、寺院墓地の購入前には確認して
おきましょう。

公営墓地とは

公営墓地の運営・管理者は?

公営霊園は、地方自治体が管理・運営を担当しています。

公営墓地を利用するメリットとは?

民営霊園や寺院墓地に比べて、管理費や永代使用料が割安な場合があります。また、公営墓地は多くの場合、宗教・宗派ほか、国籍も制約されずに利用することが可能です。また、経営・管理母体が安定していることから、規模が大きく管理も比較的行き届いており、安心して利用できる環境といえるでしょう。

公営墓地を利用する際に気をつけるべき点とは?

寺院墓地や民間墓地とは異なり、応募資格に制限があるケースも多いようです。
たとえば、募集時期が年に1度などと決まっていたり、墓所がある地方自治体以内に住んでいる方のみ、などといった場合も多いです。
地方自治体の方針によっては、生前購入ができないケースや、応募が多い場合には抽選となるケースがあり、故人がその墓地を希望していても利用できない可能性があります。

民営霊園とは

民営霊園の運営・管理者は?

民間の公益法人・宗教法人・財団法人などが管理、運営を担当します。

民営霊園を利用するメリットとは?

公営霊園と同様、国籍や宗教の制約がない点は大きなメリットです。なお、民間霊園は、交通アクセスが良いケースも多く、中には送迎バスを用意しているところもあるようなので、お墓参りの負担も軽減できます。

また、予算に合わせて、区画や墓石のデザインを希望通りに選ぶことが可能です。この他「広くてキレイな待合所」や「バリアフリーの行き届いたトイレ」など、施設の充実ぶりが魅力となっている民営霊園も多くあります。

民営霊園を利用する際に気をつけるべき点とは?

管理費や永代使用料は、公営霊園などに比べると割高なケースも多いようです。

●まとめ

墓地、霊園選びには、宗教・宗派ほか予算なども関係します。また、墓所・墓石のデザインに制約がつくケースもあるため注意が必要です。最適な墓地・霊園は、故人やご家族の希望を明確にした上で選びたいところですね。まずはご相談を!

このページの先頭へ