こがねや石材の保立です。

「高尾山」といえば2007年にミシュランガイドで最高の三ツ星ランクに選出されたことや、トレイルランの人気などから、世界一登山客が多い山として知られております。都心からのアクセスもよく、東京近郊の行楽地として近年登山客は増える一方です。外国人観光客もよく見かけます。

その高尾山ですが、元来は修験道の霊場とされており、真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域になります。

そして、その高尾山薬王院が管理する墓地があることを皆さんはご存知でしょうか? そのままケーブル駅に向かうとわかりづらいですが、徒歩で頂上を目指す際、一号路から入山するとすぐ右手に墓地があります。

この度、その高尾山薬王院墓地の改修工事が終盤を迎え、本日より区画の割り振りが行われました。区画サイズも数種類ございますので、ご興味のある方は是非当社までお問い合わせください。

 

こがねや石材の保立です。

当社で出入りさせて頂いておりますお寺さん2寺をホームページに追加掲載いたしました。どちらのお寺も若くて気さくなご住職です。

お寺の墓地をお探しの方は是非詳細をご覧頂き当社までお問い合わせください。

一つ目は世田谷区の烏山の寺町にある妙善寺さんです。宗派は浄土真宗本願寺派。 墓域はいつもきれいに掃除されており、気持ちよくお墓参りができるお寺です。

二つ目は八王子市の高尾駅すぐそばにある高楽寺さんです。宗派は真言宗智山派。大本山高尾山薬王院に直寺となります。春彼岸後に咲く枝垂桜は圧巻です。

こがねや石材の宮崎です。

昨日、東京都八王子市にある大蔵院でお盆供養祭が盛大に執り行われました。

盂蘭盆会供養中の本堂風景
塔婆を墓所へ1

塔婆を墓所へ2猛暑の中沢山の方が参加されました。

墓所・墓石・永代供養墓のご用命は当社迄お気軽にご相談下さいませ。

フリーダイヤル 0120-371-121

こがねや石材の宮崎です。

本日、多摩川台墓苑の合同広告会議があり、大蔵院さんへ行って参りました。ご本堂の前にある百日紅がとても綺麗でしたので、写真を撮りました。

いつも大蔵院さんに来ると四季折々の花が楽しめ、心が安らぎます♪

墓所・墓石・永代供養墓のご用命は当社迄お気軽にご相談下さいませ。

フリーダイヤル 0120-371-121

こがねや石材の宮崎です。

7月1日に東京都八王子市にございます大蔵院さんで施餓鬼法要が盛大に執り行われました。

夏の合同案内会は7月8日で終了しましたが、随時ご案内は承っておりますので、お気軽に「こがねや石材」迄ご連絡下さいませ。

フリーダイヤル0120-371-121

こがねや石材の宮崎です。

先日7/16㈫に川崎市中原区にある正受院さんへ、「天水受」の設置に参りました。

天水受け
天水受け
天水受け

天水受けとは、お寺の本堂屋根の下に設置して雨水を受ける為の物です。

天水受の「天」は極楽浄土を意味しています。お浄土から降りそそぐ清らかな水を受けて、そこに眠る仏様達を潤します。また、供養に訪れた人々の心を洗い清めてくれるとされています。

昔は水道設備が今ほど整備されてなかった為に、防火用にも使用されてたようです。

新規墓所も案内しております、お気軽に「こがねや石材」迄ご連絡下さいませ。

フリーダイヤル0120-371-121

こがねや石材の難波です。
ブログ初登場です。以後お見知りおきを…

7月16日に武蔵野市緑町にあります源正寺にて「盂蘭盆会法要」が行われました。
簡単に言うと、お盆の合同供養ってところでしょうか。
源正寺は浄土真宗本願寺派(俗に言うお西)に属しているため、他宗派で行われている「お施餓鬼法要」がありません。この「お施餓鬼法要」も合同供養ですから、どちらも同じような意味合いで行われているのでしょう。

当日は35℃に達するほどの猛暑にもかかわらず大勢の檀家さんが参列され、お経を唱えられた後、龍谷大学教授 鍋島直樹先生の法話を熱心に聞いておられました。

我々こがねや部隊は私含め3名で法要のお手伝いに上がり、炎天下の元、駐車場の整理を行いました。例年お寺から半纏を渡されるのですが、さすがに今年はご住職から「今日の半纏は止めましょう。」との一言を頂き、3名共胸を撫で下ろしました。
午後4時の撤収時間までに飲んだ麦茶の量は2.5ℓ。このまま温暖化が進んでいくと考えるとゾッとします。

こがねや石材の保立です。

お盆の時期に入ると多くのお寺で「施餓鬼法要」や「盂蘭盆会法要」が行われますが、そもそも施餓鬼とは何なんでしょうか?

ふた通りの話をよく聞きますが、今回は目連尊者のお話をお伝えします。

お釈迦様のお弟子さんに目連尊者という方がいらっしゃいました。
ある日、修行をしている目連尊者が何年も前に亡くなった自分の母親のことを思い出しました。目連尊者の母親はやさしい人なので、きっと死後も良い世界にいるだろうと神通力を使い探し始めました。
しかし、探してみたらなんと母親は餓鬼界にいることが分かりました。

なんとかして母親を助けようと、お釈迦様に救いを求めますと、お釈迦様から「修行期間がおわる期間(7月15日)に修行者に対して食べ物、飲み物を
施しなさい。そうすれば、母親は餓鬼界の苦しみから逃れられるだろう。」
と教えられました。

修行が終わる日が旧暦の7月15日であったことから、7月、8月に多くのお寺で法要が行われるようです。亡くなったご先祖やご家族の供養を行うと同時に、餓鬼の供養も行なって徳を積むことで自分にも救いがあるということです。

これがお盆に行うお施餓鬼の始まりとされています。

昨日は高尾山薬王院で執り行なわれた施餓鬼法要に参列してまいりました。

こがねや石材の宮崎です。

本日、川崎市中原区にある正受院の施餓鬼供養のお手伝いへ行って参りました。

沢山の方がお見えになり、今年も無事終了する事が出来ました。

正受院はJR南武線 武蔵新城駅より徒歩6分。第三京浜「川崎インター」より車で3分というの好アクセスにあります。

是非、墓所をご検討の方は「こがねや石材」迄お問合せ下さいませ。

 

 

こがねや石材の保立です。

武蔵野市にある「源正寺」で新区画が開放となりました。源正寺は五日市街道に面した350年の歴史あるお寺です。境内には「井野三師の碑」や「観音菩薩像」なども見ることができます。

新区画は綺麗に整備された墓域となり、お掃除も行き届いております。

ご興味のある方は、是非当社までお問い合わせください。