こがねや石材の金丸です。

本日は二十四節気の雨水も過ぎ気温が高くなりそうですね。花粉の飛散心配も高そうですし、アレルギーの日でもありますので、皆様ご注意が必要ですね。

全区画永代供養墓付きのお墓をご提供中の第二朝霞聖地霊園よりご紹介です。

 ペット専用の永代供養墓もございます。

ペットも一緒に眠れる特別区画もあります。

展示見本墓石最大15%OFFキャンペーンも好評実施中です。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/asaka.html

こがねや石材の金丸です。

ひかりの春を感じさせる今日この頃ですが、三寒四温を繰り返しながら春になっていくでしょうから、皆様も十分お身体には気を付けてくださいませ。

さて、本日は、所沢シティメモリアルからです。新企画墓地が完成し、芝・グリーン区画としてご提供中ですが、皆様朗報です。なんと‼️今なら角地の区画が空いております‼️数に限りがございますので、完売の際はご容赦ください。

掲載写真 手前は、展示墓石 石種 623

詳細につきましてはお気軽にお尋ねください。https://www.koganeya-148.com/info/saitama/tokorozawa.html

こがねや石材の金丸です。

やすらぎの花の里 所沢西武霊園からです。

合同納骨墓 集(つどい)献花台

綺麗に献花台の設置が完了しております。

永代供養墓 1.0㎡ 蒼

パンジーが綺麗に見本墓とマッチしております。

所沢西武霊園1           所沢西武霊園2

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/t-seibureien.html

こがねや石材の金丸です。

メモリアルパーク川口山王では、特別キャンペーンとして一般墓所 限定で墓石工事10万円割引実施中です。※1.0㎡以上の一般墓所に限ります。※石碑工事総額(税別価格)より10万円割引となります。

基数限定 芝生墓所 残りわずか お急ぎください!!

詳しい内容等お気軽にお問い合わせください。先ずは、ご遠慮なくお電話くださいませ。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/kawagichi.htm

こがねや石材の金丸です。

所沢西武霊園では、ご来園者の皆様にもれなく2ヶ月間限定総額3,000万円相当の購入支援券が当たる‼️新春プレゼントキャンペーンが28日迄となっております。

永代供養墓 0.75㎡ 彩り(いろどり) 見本墓
永代供養墓 0.75㎡ 彩り(いろどり) 見本墓

上記の掲載写真のようにペット共葬可 0.75㎡の区画もございます。(他の区画も有)

永代供養墓 0.5㎡ 想い(おもい) 見本墓
永代供養墓 0.5㎡ 想い(おもい) 見本墓

A賞 10万円券 30名樣 B賞 5万円券 540名樣
C賞 福岡県八女市産みかん約2㎏

●「購入支援券」は、やすらぎの花の里 所沢西武霊園での区画・墓石購入のみご利用できます。
●支援券1枚につき1回のご利用となります。
●各賞は無くなり次第終了となります。
●キャンペーン開催期間は2019年2月28日迄、購入支援券の有効期限は2019年3月31日迄となります。

詳しい内容・ご説明は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/t-seibureien.html

こがねや石材の金丸です。

本日は、節分(2月3日頃 年中行事)ですね。

雑節の一つ。「立春」の前日で、「大寒」から15日目。

冬の節が終わり、春の節に移る。この時期だけでなく、本来は立夏・立秋・立冬の前日をそれぞれ節分という。季節の変わり目には邪気が生じると考えられていたため、それを追い払う意味で豆まきが行われる。一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら豆をまき、年齢の数だけ豆を食べ厄除けを行う。また、この日に恵方巻を恵方を向いて食べると縁起が良いとされている。この習慣はもともと大阪を中心として発祥したものである。「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより、2000年代以降に急速に広まった。

神社本庁設立記念日(2月3日 記念日)

1946年(昭和21年)のこの日、神宮(伊勢神宮)を本宗とし、日本全国のほとんどの神社を包括している宗教法人・神社本庁が発足した。

ただし、神社本庁自体は事務機関であり崇敬の対象となるものではないことから、神社では特に祭礼などは行われない。神社本庁は、神道系の宗教団体として日本で最大。約8万社ある日本の神社のうち主要なものなど7万9千社以上が加盟している。都道府県ごとに神社庁を持つ。神社本庁の本部は、東京都渋谷区代々木にある。祭祀の振興と神社の興隆、日本の伝統と文化を守り伝えることにつとめている。

上記 今日は何の日・明日は何の日Ⅰ雑学ネタ帳より

石種 M一10 塔婆立型標準外柵 洋型2段高級型石塔
石種 北大青 塔婆立型標準外柵 洋型2段アーチ高級型石塔

見本墓石即売会実施中です。基数限定により無くなり次第終了となりますのでご希望の方はお早めにご来園ください。完売の際はご容赦ください。掲載写真以外にも見本墓石ございます。

詳細につきましてはご遠慮なくお問い合わせください。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/asaka.html

こがねや石材の金丸です。

やすらぎの里 所沢西武霊園では、ご来園の皆様にもれなく2ヶ月限定総額3,000万円相当の購入支援券が当たる新春プレゼントキャンペーン実施中です。

ご好評につき完売区画も出ておりますので、お早目のご検討をお勧め致します。

墓石型 永代供養墓 暁 洋型見本墓 

所沢西武霊園の周囲7M幅の緑地帯に昨年9月下旬から年3回に分けて20種類、約800本の花の咲く樹々を植えてまいります。サザンカ・椿・キョウチクトウ・サルスベリ・黄梅・アジサイ等、多岐に渡りそれぞれ40~100本づつになります。
完成する2年後からは四季折々の花が霊園を囲みます。

樹木葬 永代供養墓 2人・3人の家族墓もございます。

マイク眞木さんからの開園記念植樹もございます。


https://www.koganeya-148.com/info/saitama/t-seibureien.html

こがねや石材の金丸です。

今日は何の日~毎日が記念日~より、1月24日 初地蔵のご紹介です。

毎月24日は地蔵菩薩の縁日(御利益が増大する日)ですが、年の初めの1月24日は『初地蔵』として全国各地の地蔵尊を祀る寺では、様々な行事が行なわれます。東京・巣鴨の有名な「とげぬき地蔵」と呼ばれる高岩寺でも大祭が執り行なわれます。毎月24日は、地蔵菩薩のありがたいお力にすがる日お地蔵様と通称され、庶民に親(ちか)しい存在の地蔵菩薩ですが、サンスクリット語ではクシティガルバ。
クシティ=大地、ガルバ=胎内で、「大地の胎内」を意訳して地蔵と表現しています。大地があらゆる命の源を蔵するように、苦悩の人々をその「無限の大慈悲の心」で包み込み、救う所から名付けられました。地蔵菩薩は、われわれの身近にいて、救ってくださるありがたーい存在。
仏の教えでは、釈迦(しゃか)の入滅(にゅうめつ=生死を超越した境地に入ること)後、56億7000万年後に弥勒菩薩(みろくぼさつ)が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまうため、地蔵菩薩が六道(りくどう=6種類の苦しみに満ちた世界)をさまようわれわれ庶民を救ってくださるというわけ。

 六道
人々の心(精神状態)は、天道(てんどう)、人間道(にんげんどう)、修羅道(しゅらどう)、畜生道(ちくしょうどう)、餓鬼道(がきどう)、地獄道(じごくどう)を行ったり来たりと輪廻(りんね)するというのが仏教の考え。餓鬼道は、餓鬼の世界で、生前において強欲で嫉妬深く、物惜しく、常に貪りの心や行為をした人が死んで生まれ変わる世界で(現世でもそのような行ないをする人の精神)、旧暦7月15日の施餓鬼(せがき=お盆)は餓鬼を救うための行事。地獄道は罪を償わせるための世界です。
そんな六道をめぐりながら、人々の苦難を身代わりとなり受け救うのが地蔵菩薩なのです。
六地蔵は、そんな仏教の六道輪廻の思想から、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うという考えから建立される地蔵尊。

『初地蔵』でにぎわうおもな寺

1月24日の『初地蔵』には、
『地蔵院初地蔵』(三重県亀山市関町)=日本最古の地蔵菩薩
『とげぬき地蔵高岩寺大祭』(東京都豊島区)
『板橋地蔵尊大祭』(小田原市)
『折渡初地蔵かんじき詣り』(折渡千体地蔵尊/秋田県由利本荘市)
『萬松寺初地蔵尊会』(宇都宮市)
『圓福寺初地蔵』(愛媛県松山市)
『船橋地蔵院 初お願い地蔵尊』(千葉県船橋市)
全国の地蔵尊を祀る寺、あるいは地域の大切なお地蔵様で様々な行事が行なわれます。

本日は、ゴールドラッシュの日でもあります。是非、所沢シティメモリアルに足をお運びくださいませ。

展示墓石即売会開催中です。完売必至の大好評企画 金額は現地係員と交渉次第!! 基数限定のため先着順受付とさせていただきます。完売の際は、ご容赦ください。

お気軽にお問い合わせください。https://www.koganeya-148.com/info/saitama/tokorozawa.html

  • メモリアルガーデン悠久の丘担当の佐藤です。

昨日1/20(日)に飯能市川崎に在ります真言宗智山派「普門寺」で観音祭護摩修行が有りお手伝いに行ってきました。

副住職の勇壮な法螺貝の音と共に住職の登場です。

お寺ではそれぞれの祈願を込めた護摩札を護摩修行をもって特別祈願していきます。

護摩修行の後はお檀家の有志による団儀と呼ばれるこの地方に伝承されている奉納行事が行われました。

 

“メモリアルガーデン悠久の丘” の続きを読む