ご先祖様が無縁にならない安心の「永代供養付き」第二朝霞聖地霊園

こがねや石材の金丸です。

ご先祖様が無縁にならない安心の「永代供養付き霊園」である第二朝霞聖地霊園は、おかげ様でご成約者総数1,450組 4周年キャンペーン実施中!です。

・見本墓石最大15%OFF
※基数限定に付き、売り切れの際はご了承下さい。
・ご見学の方にもれなく高級ティッシュプレゼント

●ご高齢の方や車イスをご利用の方も、安心してお墓参りができるバリアフリー設計の環境を整えています。
●朝霞市わくわくどーむより歩いて約3分。「朝霞台」「北朝霞」駅よりお車で約5分
●終活支援サービスの一環として、マイ墓カードを発行しております。

https://www.koganeya-148.com/info/saitama/asaka.html

詳細に付きましてはお気軽にお問い合わせください。

(今日は何の日、雑学ネタ帳より) 松の日(5月8日 記念日)1989年(平成元年)に社団法人「日本の松の緑を守る会」が制定。1981年(昭和56年)のこの日、初めて「日本の松の緑を守る会」の全国大会が奈良市で開催された。また、5月4日の「みどりの日」に続いて松の緑が最も輝く季節であることにちなむ。日本の代表的な樹木の松をいつまでも大切に保護して行くことが目的。松の名前の由来は、神が木に宿るのを「待つ」が転じてできたとする説がある。他にも、木に宿る神を「祀る」、冬を含めて長いあいだ緑を「保つ」が転じてできたとする説、葉が「まつ毛」に似ていることに由来する説、葉が二股に分かれていることから「股(また)」が転じたとする説など諸説ある。日本では古くから神の宿る神聖な木とされてきた。また、冬でも青々とした葉を付けることから、不老長寿の象徴であり、おめでたい樹の「松竹梅」では最上級とされる。正月に家の門に飾る門松には、年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。

薬師縁日(毎月8日 記念日)毎月8日は薬師如来の縁日である。これは、薬師如来の徳を講讃する法会「薬師講」に由来すると考えられている。1月8日は一年最初の縁日であり、「初薬師」と呼ばれている。縁日には祭祀や供養が行われる。薬師如来について薬師如来(やくしにょらい)は、詳しくは薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)といい、大乗仏教における如来の一尊である。大医王、医王善逝(いおうぜんぜい)とも称する。

薬師如来薬師如来菩薩としての修行時代に12の本願を立て、人々の病患を救うとともに悟りに導くことを誓った仏である。左手に薬壷(やっこ)を持ち、右手の薬指が前に出ているのが特徴で、病気を治す仏として知られる。如来の中で、物を持つのは薬師如来だけである。国分寺のほとんどは現在は薬師如来を本尊としている。薬師如来のサンスクリット語での名前はバイシャジヤ・グル(Bhaiṣajya‐guru)であり、バイシャジヤは医薬・医療、グルは導師・指導者の意味である。リンク:Wikipedia